ビールの苦み 認知機能改善効果 キリン傘下の研究所発表

ビールの醸造過程で原料のホップから出る苦み成分に、肥満でリスクが高まる認知機能低下を改善する効果があることをキリンホールディングス傘下の健康技術研究所が解明した。7月にロンドンで開催した国際アルツハイマー病学会で発表した。

この成分はイソα酸と呼ばれ…

もっと読む

  • marketing purestep

    テスト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。