退院後2週間未満の訪問リハ開始が効果的だが、3割の要介護者では実現できず

医療機関を退院してから2週間未満に介護保険の訪問リハビリテーションを開始すればADL向上の効果が高いが、利用開始までの期間を見ると3割強で退院後2週間以上が経過してからとなっている。早期の訪問リハビリを進めるためにどのような方策が考えられるか—。

7日に開催された、社会保障審議会の介護給付費分科会では、2018年度の介護報酬改定に向けて、このようなテーマについて議論を行いました。

もっと読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。