Monthly Archive:: 10月 2017

「在宅医療診療GL」をけん制、鈴木日医常任理事

厚生労働省の第4回全国在宅医療会議ワーキンググループ(座長:新田國夫・全国在宅療養支援診療所連絡会会長)は10 […]

話題の「介護食居酒屋」に行ってみた! どんなメニューが並んでいるか?

知人の看護師から「金沢市内に、介護食を出す居酒屋がある」と聞き、足を運んでみた。場所はJR金沢駅から1.5キロ […]

最適なおむつプランをAIが提示、排泄ケアの負担を軽減

漏れの不安、不快な装着感、夜間交換や回数の負担――。おむつを用いた排泄ケアにまつわるこうした負担を軽減するサー […]

認知症になっていない69~71歳は何を食べてきたか

男女とも「人生80年」が当たり前になった日本人。健康寿命を引き延ばし、いかに認知機能を維持するかは個々人の生活 […]

認知症患者への胃ろうは百害あって一利なし -米国ではほとんど認められない治療

患者さんは「胃ろうとは何か」分からず、引いて抜こうとした。胃ろうを抜かないようにと拘束され、つなぎ服(自分で着 […]

特養において、介護福祉士によるインスリン注射などを認めよ

2018年度の次期診療報酬改定においては、特別養護老人ホームの基本報酬を引き上げ、また在宅で家族などが実施して […]

日本の遠隔医療市場が「1.6倍」に成長へ、カギを握る「2018年」

矢野経済研究所はこのほど、「遠隔医療市場に関する調査」の主な結果を発表した。2015年度の国内遠隔医療市場規模 […]

AIは医療の未来をどのように変えるのか?

例えばこの記事では、登壇者の一人がAIによって医師の代わりに放射線診断ができるようになるのではないかとコメント […]

医療福祉勉強会 摂食・嚥下の学び深める 最期まで自分らしく

石巻地方の歯科医師らでつくる「食べる環」(代表・河瀬総一郎石巻市雄勝歯科診療所長)はこのほど、“食”の観点から […]

在宅医療推進に資するエビデンス構築に向け、まず「テーマ」を検討

「患者が望めば在宅医療を受けられる」体制構築の重要性が指摘されますが、▼エビデンスに基づいた「在宅医療のメリッ […]