在宅医療推進に資するエビデンス構築に向け、まず「テーマ」を検討

「患者が望めば在宅医療を受けられる」体制構築の重要性が指摘されますが、▼エビデンスに基づいた「在宅医療のメリット(QOLの向上など)」が明確に示されていない(つまり国民がメリットを感じていない)▼医療者側には「在宅医療の推進は医療費削減にある」という誤解がある▼在宅医療は小規模な組織体制で提供されており、さまざまな考え方や手法が存在する(標準化されていない)▼国民の多くは自宅で最期を迎えたいとの希望を持つが、家族の負担を考慮し、実際の入院から在宅への移行は多くない―など、さまざまな課題があります。

もっと読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。