Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/purestep/www/houkannet/wp-includes/post-template.php on line 284

認知症患者への胃ろうは百害あって一利なし -米国ではほとんど認められない治療

患者さんは「胃ろうとは何か」分からず、引いて抜こうとした。胃ろうを抜かないようにと拘束され、つなぎ服(自分で着脱できない服)を着せられた。

拘束をすると褥瘡ができやすくなる。拘束帯(拘束するバンド)から抜け出そうとする体動により、皮膚が擦れて褥瘡ができた。時折、患者さんが離床できるよう介入するが、それ以外の時間はベッドに拘束されるため、寝たきりとなる。

もっと読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。