特養において、介護福祉士によるインスリン注射などを認めよ

2018年度の次期診療報酬改定においては、特別養護老人ホームの基本報酬を引き上げ、また在宅で家族などが実施している範囲の医療行為(インスリン注射や摘便など)は介護福祉士による実施を認めるべきである—。

もっと読む

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。