老後の暮らしはロボットと、“介護ロボ”時代前夜の期待株

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年を見据え、不足する介護人材をどう確保するのかが大きな課題といえる。人材確保には「低賃金・重労働」というイメージを払拭することが不可欠となるが、そのためには介護の効率化を進めることが重要で、介護従事者の作業負担を軽減する「介護ロボット 」への期待度は高い。

もっと読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。